忍者ブログ
忍者ブログ [PR]
見た、視聴したあるいは見てしまったアニメのレポート および感想ブログにしようかな~なんて。ネタバレ含みます。アニメは食わず嫌いなしでとりあえず見てみる。食わず嫌いはもったいない時もある。
[13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
バーコード
ブログ内検索
P R
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

7回目の荒川アンダー ザ ブリッジは
しろさんと村長の意地の張り合いから始まります。
村長自称620歳。

前回はシリアス含みでしたが
7回目の荒川ひたすらくだらなかったww
あーおかしかったw
金星にいくための
協調性テストくだらなすぎw
かつーんのかめありくんが夢に出てきたって話題で無理やり食いつく星とまげの人に大笑いでしたw
荒川アンダー ザ ブリッジ

河川敷で健康診断。

P子は体重測定まえに
過激ダイエットでゲッそり。

ステラ巨大化で240センチメートルにw
それを見たP子が
ステラに教えてと絶叫。

村長は、きぐるみの中にファンを仕込んで
レントゲンに映って不信がられる。

しろさんにほれた秘書はしろさんと二人きりになるために
、検査結果はここではいえないと
白さんをおびえさせる。

げほげほ病弱になる
リクはニノに励まされてるのを見て
星とシスターは
星はニノに励まされるシーンを
シスターはマリアに励まされるシーンをそれぞれ
妄想をめぐらせ
それぞれ
病弱になりにいく

星は病弱を装いニノを引き付けようとする。
それに気づいたリクも病弱アピールを
する。

二人の喧嘩を見て、ニノは二人を心配し
健康体でないと金星にいけないと落胆する。
シスターは冷蔵庫に一晩いても
風邪ひとつひかなかった。

金星にいくために必要な素質を図るためのテストがあるといい
みんなでやることになる。

その素質とはロケット生活で不可欠なものは
他人との協調性だった。

シスターは協調性テストのために
教会の地下室を提供し、男女に分かれ1週間
すごすことになった。

女子は
ジャクリーンがビリーと一緒にいないと死んじゃうと脱落

P子がしゃべくりまくり
終盤の方でマリアが毒舌に我慢できず脱落。
ステラも大きくなったりww
P子も頭の新芽を指摘されたりとニノ以外脱落。



男子の方はというと
村長のきぐるみをジャクリーンが着てビリーのそばに。
ジャクリーンだとばればれだったが
村長になりきるジャクリーンを見てビリーは外にでるぜという。
村長のきぐるみをきたジャクリーンは金星にいくんだぜ
というが
ビリーは
うるせえ金星より自分の女に会いにいきてえんだよと
村長きぐるみを着たジャクリーンを抱き上げ去る。
それを見た星とリクは兄貴~と叫ぶ、

その後沈黙が続く中
リクは沈黙をなんとかしようと

女子の
記録を元に
盛り上げようとするが、

女子が盛り上がった話題だから
しらけた
しらけたが
リクはこれは協調性のテストなんだから
協力しろと叫び
星とまげの人は
次の話題がなんであろうと全力で
食いついてみせる、超膨らませてやんよといきり立つ。

そうしてリクが女子の日誌からランダムで選んだ話題は
かつーんのかめありくんが夢に出てきたんだよね
という話題で
一瞬氷ついたが
星とまげの人は
がんばって食いついた。
まげのひと「すげーレアでござるな」
星「どんな服着てたー?」
無理して食いつく二人を見て
リクはこいつらは実はいいやつらなんじゃないかと
感動したというw
そのあと終わったかと思ったら続きがww
その後、男子は七日たってもでてこないため
女子が見に来た。笑い声が響いていたので
仲良くなったのかと期待した女子が
扉を開き見た光景とは
らりった星とリクとまげの人の姿だった。
無理をして盛り上がったため
女子が様子を見に来たときには亀有病になっていたw
荒川アンダー ザ ブリッジ

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:


<< 砂子の屍鬼としての記憶 屍鬼 16話 「第悼と髏苦話」HOME屍鬼 15話 先生に救いは?外場村に未来は? 「第悼と偽話」 >>